アムテック定例研修会27年1月度★

 

1月30日

今年に入り、1回目のアムテック社内研修会が開催されました。

 

今回は、『災害における廃棄物の発生と処理について』を学びました。何やらとても難しい内容だと思いますよね!そこは、名講師の当社大浦リサイクルセンター所長の坂下が、わかりやすいように画像も交えての研修にしてくれまし。(さっすが!!)

2011年3月11日に発生した東日本大震災で実際に行われた活動に基づいての内容でした。莫大な量のゴミの山が、どのように処理されたかがよくわかりました。

ゴミだけではなく水処理施設の復旧の様子についても聞くことができました。水処理施設であるクリーンセンターが震災被害を受けると、汚水が漏れて伝染病が広がってしまいます。震災当時、アムテックも所属する、環境保全協同組合も、汚水を吸引運搬するバキュームカーを出動し、仮設トイレも提供しました。迅速な対応は、非常に高い評価を受けたそうです。(少し自慢っぽいですね。。。)また、この災害により各家庭に設置する浄化槽も見直されたそうです。

画像は、研修内容の一部と、研修後の社長による寸評の様子です。

内容の濃い研修ですべてをここで綴ることは難しいので、興味のある方は、環境省東北地方環境事務所 http://tohoku.env.go.jp/ をのぞいてみてください。

 

 

Copyright(c) 2013 AMTECH Co.,LTD All Rights Reserved.