車両・設備

アムテックの機械装置

アムテックは、設備を確実に揃え、ゴミをリサイクルへ導きます。 (※各写真をクリックすると拡大表示されます)

■ 石膏ボード破砕機:石膏ボードを粉々に砕く機械。
P-1プラスターボ・タワー付
(細田企画)
処理前 処理後
石膏ボード破砕機 石膏ボード破砕機の処理前 石膏ボード破砕機の処理後
■ 廃プラスチック(一軸破砕機):プラスチックを粉々に砕く機械。75Kw 100馬力の破砕機です。
ECS-40-120型
(遠藤工業)
処理前 処理後
プラスチック一軸破砕機 プラスチック一軸破砕機の処理前 プラスチック一軸破砕機の処理後
■ 金属選別プレス機:アルミやスチールを磁力を使って分別し、それらを真四角に圧縮してつぶす機械。
CP1-32MA
(大阪エヌ・イー・ディー・マシナリー)
処理前 処理後
金属選別プレス機 金属選別プレス機の処理前 金属選別プレス機の処理後
■ 破砕造粒機:プラスチックを粒状の原料に戻す機械。
GM-600B
(三興産業)
処理前 処理後
破砕造粒機 破砕造粒機の処理前 破砕造粒機の処理後
破砕造粒機の処理後の使用例リサイクル品
■ 廃食用油触媒方式処理機:BDF(Bio Diesel Fuel バイオディーゼル)を作る機械。てんぷら油など廃食用油を燃料に変えます。
EOSYS-50
(コマツ三重)
処理前 処理後
廃食用油触媒方式処理機 廃食用油触媒方式処理機の処理前 廃食用油触媒方式処理機の処理後
廃食用油触媒方式処理機の処理後の使用バイオ燃料は、トラックや発電機等に使用されます
■ 金属・ガラス・陶磁器くず破砕機:金属類、ガラス、陶磁器などを粉々に砕く機械。
MRL-600
(前川工業所)
金属・ガラス・陶磁器くず破砕機

アムテックの車両

アムテックでは、豊富な車両体制でお客様のニーズにいつでも答えます。

■ 塵芥車(ごみ収集車):8台
いわゆるゴミ収集車のことです。ほかにも清掃車・パッカー車・破砕車・ 塵芥車・集塵車・ごみぐるまとも呼ばれます。アムテックでは氷見市内最大の8台を保有しております。 ごみ収集車
■ 移動式小型クレーン車:3台
クレーン付きの車で、ボックスを箱ごと入れ替える車です。 移動式小型クレーン車
■ コンテナ車専用車(アームロール車):2台
トラックの荷台(コンテナ)ごと積み下ろしできます。 アームロール車
■ タイヤショベル:1台
物の積込みや、除雪で使用します。 タイヤショベル
■ バキューム車:6台
浄化槽のし尿などを取り込みます。これも氷見市内で最大の6台を保有していおります。 バキューム車
■ 給水車:2台
高圧洗浄車などに水を供給します。また、災害時にも、皆様にお水を届けるために使用できます。 給水車
■ ダンパ車:2台
ダンプバキュームのことです。泥水や砂を強い力で吸上げる車です。 ダンパ車
■ 高圧洗浄車:1台
強力な水圧で下水管や壁面などを綺麗にする車です。 高圧洗浄車
■ カメラ車:1台
排水管の中や浄化槽の中をカメラで撮影する機材を積んだワンボックスの車です。 カメラ車
■ ユンボ:1台
物をつかんでコンテナに運び入れることができる車です。 ユンボ車

その他、バン、軽トラックなど

Copyright(c) 2013 AMTECH Co.,LTD All Rights Reserved.