アムテック日記

消防団応援の店に加盟しました!!

2016/6/30

みなさんこんにちは!

地域の消防団活動に貢献する消防団員さん達の味方アムテックです!!

上の写真をご覧ください!

アムテックではこのたび、消防団応援の店に登録させていただきました!!

氷見市内の消防団に所属のみなさんに、割引制度を導入します

当社大浦リサイクルセンターにごみの持ち込みされた消防団員さんは、なんと料金を10パーセント割引きいたします!!!支払い時に、窓口で団員章をご提示ください。

アムテックは、氷見市のために頑張るみなさんを応援しています!

そして、アムテックも氷見市のために頑張ります!!

 

ミミズコンポスト始めました!

2016/6/15

😮

皆さんはミミズコンポストという言葉をご存知ですか?

ミミズコンポストとはミミズに手伝ってもらい有機ゴミから

栄養だっぷりな腐葉土を作る方法です。

当社でもミミズ箱を設置しシマミミズ君たちを飼いはじめました!

 

 この中にシマミミズ君たちが生息しています

 このシマミミズ君たち実はすごいんです!

社内の生ごみ削減にもつながるだけでなく、シマミミズ君たちの糞は

普通の土よりも栄養たっぷりな肥料になるんです!

まだ始めたばかりで、どのような肥料になるか、、、

それまでしっかりシマミミズ君たちのお世話をしたいと思います!

私たちアムテックはごみをなるべく出さないように

努力しています!

 

 

毎朝のラジオ体操で、コツコツ貯筋しよう!

2016/6/1 

毎月恒例の研修会、今回はラジオ体操講習です。

講師は、氷見市 スポーツ・オリンピック誘致マネジメント室 主任 魚川 友康様です。

まず、社員全員でラジオ体操をしました。。。(ちなみに当社では、朝礼前にラジオ体操を行っております。)

氷見市 スポーツ・オリンピック誘致マネジメント室  室長 鎌仲 正寿様の 

採点は。。。60点😥  

 

 

一回目の体操が終わったところで、魚川講師からの、おはなしがありました。

 

ラジオ体操は、日本独特の世界に例のないとてもよい体操だそうです。

 

以下の5つのことに留意して体操を行うとよいそうです。

①足のふくらはぎを意識して使い、鍛える。

 

 ふくらはぎは、第二の心臓とも言われ、鍛えることにより、脚部の血液を心臓に戻され、血の巡りが良くなる!!イコール風邪予防などのメリット絶大だそうです!

 

②肩甲骨を大きく回して、コリをほぐす。

 肩こり予防です。

③太ももの裏の筋肉を使い、鍛える。

 

 腰痛の予防です!

 

④体のわき(横)の筋肉を伸ばす。

 

 

 急速な動きに対応できるそうです!

 

 

⑤胸を開く。(その際は、目をしっかり開いて)

 

 酸素を十分肺にいきわたらせる効果があるそうです!

 

 

 

 

魚川講師からのありがたいおはなしの後、二回目の体操! 

 
 

 

採点は。。。。。。90点をいただきました😆

鎌仲室長様ありがとうございます!!

これからも、魚川講師に教わった通りに毎日まじめにラジオ体操に取り組み、けがや病気をしない、健康な体を作ります。

そして、氷見市の皆様のために、一生懸命働きますね!!!

 

 

 

 

 

 

 

5月30日は“ごみゼロの日”

2016/5/30

本日5月30日は「ごみゼロの日」

「ごみゼロ運動の日」とも呼ばれてます☆

5(ご)、3(み)、0(ゼロ)の語呂合わせからきたんですね!!

 

もちろん、当社アムテックも

ごみゼロ運動に参加いたしました 🙂

社員全員で、鞍川地内を中心にゴミ拾い

ごみゼロの日(1)

ごみゼロの日(2)
ごみゼロの日(3)  ごみゼロの日(4)
 ごみゼロの日(5)  ごみゼロの日(6)
 ごみゼロの日(7)  ごみゼロの日(8)
 ごみゼロの日(9)  ごみゼロの日(10)
ごみゼロの日(11) ごみゼロの日(13)
ごみゼロの日(14)

 

数十分でこれだけのゴミが・・・

 

 ゴミゼロの日というのは

環境美化運動だけの日ではなく

ごみ減量化推進の日でもあります!!

 

 ポイ捨てはもちろんしてはいけない事、ですが

ひとりひとりが意識をして、

ゴミを出さないように(減量化に)心掛けることも

必要ですよね☆

 

ふるさとを、きれいなままでのこしたい。

アムテックは、

地域の皆さま、そして

ふるさとにやさしいエコ活動を続けます!!

買活!ひみ6億円プロジェクト

2016/4/28

まちでこのポスターをよく見かけませんか?

アムテックの定例研修会

今月は、氷見市の域内消費拡大事業についての研修です。

講師は、氷見商工会議所 本田孝則様です。

氷見の消費は

平成19年には623億円あったのが

平成26年には420億円にまで減少しているそうです

市内外での買い物の割合も

昔は 市内 60%  市外 40%

今は 市内 40%  市外 60%

ネット社会も大きく影響しているのでは・・とのことでした。

私たちが住んでいるこの素晴らしい氷見市で、もっと買い物をしなければいけませんね!!!

そこで、市内消費を拡大するために、氷見域内消費拡大推進協議会のみなさんはこのような取り組みをしておられます。

① 「ひみ6億円プロジェクト」ポスター配布 掲示

② 市や市議会へ、域内消費拡大に向けた要望

③ ハッピータウンによる自社オリジナルプレミアム商品券の発売

④ JA氷見市職員福利厚生を支援

⑤ 氷見市消防団による域内消費拡大事業の取り組み

⑥ アムテックによる福利厚生事業での域内消費拡大

⑦ 商品化へ冬場の「ハウスいちご」を試食

⑧ 春中ハンドで「氷見お楽しみクーポン券」を配布

⑨ 地域を内側から活性化!寺下会長講演

 

これからもアムテックは、域内消費に積極的に参加し、氷見市の発展に協力します!!

 

氷見市商工会議所 本田様 ありがとうございました

 

 

« 前の記事へ   次の記事へ »
Copyright(c) 2013 AMTECH Co.,LTD All Rights Reserved.